子どもの成績と成長を見守る

子どもたちの自立を見守るなかで、「どうしてうちの子だけ・・・」「他の子はできているのに・・・」などと言った目線から、お子さまを観察していませんか。

塾に通う時期になりますとテストの成績に敏感になり過ぎてしまったり、なかなか宿題に手をつけない子どもの姿にイライラしてしまったり、子どもたちは思った以上に大人たちの感情や行動を観察してその様子に対応しようとするものなのです。

塾では学校以上に成績を重要視する親御さんが多いことから、子どもたちもテストの点数に必要以上に敏感になってしまうこともあるようです。本来の塾に通う目的を親子で確認しながら、テストの点数には反映されないような本当の意味での子どもの成長や物ごとの理解にもご両親がまず興味を示してみましょう。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。