経済事情格差が生む教育格差

日本の教育システムは、公的機関となる学校と私的機関となる塾が、相補システムとして機能しているからこそ何とか維持されているという意見があります。ただここで見落としてはいけないことがあります。学校は少なくとも小学校~中学校ま

中小・個人塾の選択も賢明では

1997年「少子社会」と言われるようになってからその傾向は変わっていません。その影響は教育産業にも大きく及んでいると言えるでしょう。大手予備校や名門塾は、お互いのノウハウを補填すべく、買収や合併、資本提携や業務提携でしの

学校と塾の役割が逆転

学校と塾には、それぞれの役割分担があると言われています。例えば教育の対象とする期間が学校は長期的であり塾は短期的。教育の内容も学校が「広く」「深く」という学問の本質に迫ろうとするのに対し、塾は受験というピンポイントの指導