指導のコツ

まれなケースですが、大手の塾に務めている有能な先生の中には生徒の指導もしっかり行うというような考えの先生もいるわけですが、大手の塾などでは会社全体で合格者数をとにかく増やすという風な部分に注力しているため、結果として生徒一人一人の事情を把握するというよりも質の高い授業をとにかくを行うという点に重点を置いているという人は非常に多いという風に言えるのではないかと考えられます。結局のところ、高い塾の費用を払いながらも上位のクラスと低レベルのクラスで振り分けられてしまった場合、同じ塾の費用を払いながらも受ける教育には大きな格差がある指導に大きな格差があるということを覚えておかなければならないという風に言えるかもしれません。一般的に子供の合格率というのは入塾する前に多くの場合決まっているという場合が多く、積極的な意欲が見える場合には、振り分けが上位クラスなどになる場合もあるというふうにも聞いたことがありますから、普段から予習復習をしたりするなど受験だけでなく、学校の勉強にきちんとついていくくらいの気概を見せておいた方がいいという風にいえてしまうのではないかと考えられます。残念ながら低レベルクラスに入ってしまったことで、ほとんど大学生のアルバイトのような質の悪い講師に当たってしまったりチューターに当たってしまったりする場合も多いため、保護者が受験のことを相談しても、ほとんど内部事情をわかっていないというようなケースすら存在するということは、あまりにも衝撃的ですが、このような事情を抱えているようなところに通うくらいならば、個人塾などで一人一人の面倒をよく見てもらうようなところに行ってもらうとか家庭教師などをつけて積極的に一対一の指導スタイルを貫いていく方が子供の学力向上には役立つという風に言えるかもしれません。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です