学校と塾の分業

一般的に、首都圏などでは、学校では人間的な教育をして塾では学業を学ぶというような捉え方をしている保護者なども多いというふうに聞いたことがあるような気がします。実際のところ、このような文句を言葉には出さないにしてもそのようにすることが常識であるというふうに考えている人は決して少なくないという風に言えるかもしれませんこれを表すかのように中学校の受験などが近づいてくると授業を欠席する人が非常に増えている現状があるという風に首都圏のある私立高校の教員は述べているようです。これは当然のことながら、受験に病気や風邪などの影響が出ないように、なるべく早いうちから体やコンディションを整えるという意味で欠席をするということのようです。日本では、受験期にインフルエンザが流行する可能性もあり、 a型と B 型が存在するため予防接種をしていても感染してしまう可能性があるという風に言われているため、結局のところ集団生活を余儀なくされている学校では、感染するリスクをどうしても脱ぐことができないためになるべく早いうちから欠席をさせるなどして、体調を万全にさせた上で受験に臨むというケースが増えているという風に言われているようです。これを、小学校側も黙認しており、1月からの受験ラッシュに備えて、欠席を容認しているような場合もあるというふうに聞いたことがあります。当然のことながら、中学校受験であっても長い間塾に通うなどしてしっかりと準備してきているわけですから、そのような準備が無駄になってしまわないように、神経をとがらせているのは保護者からすれば仕方のない事情であるという風に言えるのではないか、と考えられなくもないのではないでしょうか。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です