学ぶ場選び

学校以外の学ぶ場として求めるのに迷うのが、たくさんの選択肢の中でどれを選べばいいのかということになります。これは思うほど難しい問題ではありません。

塾や家庭教師にも多種多様な指導方針・指導方法があり、目的という見方から分けると、 一流私立の学校受験を目指す進学塾、または学校の授業の補習や、その先にある公立高校の受験を目的とする学習塾があります。

また指導形式という見方から分けると、集団授業・少人数制クラスでの授業・個別指導、または家庭教師という選ぶ道があります。

この中で選ぼうとしても、各々にマイナス面やプラス面があって集団授業では、どうしても授業についていける子とそうでない子がでてきてしまいます。

では家庭教師や個別指導というと、自分のレベルに合った指導が期待できますが、集団の中では自分がどの位置にいるかがわかりにくく、試験対策や入試情報においても情報量の乏しさというマイナス面があります。

一流私立校を目指すにあたり、大手有名進学塾と個人経営の塾という選択肢があるのですが、これも難しく大手有名進学塾と一言でいっても指導方法は塾ごとに異なり、講師の質にもバラつきがでてきてしまいます。

大手進学塾は情報量が多く、塾内のネットワークを生かして詳しい入試情報を入手できる塾もあります。最近では少人数制や個別指導を取り入れた塾も目立ち始めました。

それでも多額な費用、そして見えない費用についての営業面においても面倒が多いことは否定できません。

一方、個人経営の進学塾でも独自の個性的な指導方法で実績をあげている塾もあります。

そのような塾を探すことが難しい、 またはその指導方法が我が子に合うかという問題点もあります。

つまり、 それぞれにプラスやマイナスがあり、それをどう受け入れるかにあるのかもしれません。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です